ダイエットや筋トレの効果

自転車は安全に健康的なカロリーが消費できる

健康的なカロリー消費 自転車で走行することは、安全に健康的なカロリー消費ができるスポーツの1つです。健康を維持するにも、減量をするにも利用しやすく、気軽に楽しめるスポーツになります。
また、利用の方法によってはハードなトレーニングにも応用できますので、利用のやり方次第でカロリーの消費量は大きく違います。
一般的なシティサイクルでも、普通に漕ぐだけで時速15km前後の速度を出す事ができます。これで1時間走行すると、概ね300カロリーの消費量になるものです。これだけの消費量を得る為に、他の運動ならより多くの時間がかかるものです。例えばウォーキングで2時間から3時間、ランニングで1時間半以上かかります。
もちろん、自転車よりも1時間あたりの消費量が多いスポーツは他に多くありますが、自転車と違って強度の高い運動になったり、運動中の危険性が高かったり、日常に取り入れるのが難しかったりと、意外にやりにくいものです。
このように、自転車は安全に健康的にカロリーを消費できて、なおかつ取り組み易いという長所があります。1時間の走行は運動として適度な時間ですし、長距離移動も可能ですから、近所に適当な目的地を見つけておけばサイクリングを楽しみながら運動になります。
日常の移動に利用する事もできますので、自然と取り組めるスポーツの1つと言えるでしょう。

筋肉を鍛錬させるために自転車を利用

自転車を日常的に利用していれば、全身の筋肉が発達して、血糖値も安定しやすくなります。
ふくらはぎの部分は特に鍛えられますが、ギアの使い方によって変わります。軽いギアで長い距離を走れば、有効な有酸素運動になるために、下半身にたまった余計な脂肪が燃焼します。
走行中にはハンドルを強く握りしめることで、二の腕の筋肉も鍛えられます。登り坂を走るときには、前傾姿勢を保ちながら漕げば、腹直筋の部分にも力が作用します。スポーツタイプの自転車は、自然と前傾姿勢になるように設計されていますから、エクササイズの効果が高くなります。
自転車で筋肉を鍛えるためには、体格に適合する車種を選んで、疲れを軽減しながらサイクリングをすることが重要です。サイクリング中に必要な補給食には、素早くエネルギーに変わるものを選び、運動効果を相乗的にしていきます。
自転車ダイエットを成功させるためには、最初に自身の体重を把握して、平均速度に応じて消費カロリーを分析すると役立ちます。

注目サイト

柏でデリヘルを探す
http://kashiwa-mugen.com/

2016/9/2 更新