オイルの利用法と種類

自転車オイルの利用法や種類について

オイルの利用法や種類 自転車用のオイルは、チェーンなどの金属部品を潤滑して、走行性能を高める働きをします。
粘度の違いによって耐久性やメンテナンスの頻度が変化するため、選ぶときには慎重な対応が必要です。
サラサラのオイルをチェーンに塗れば、飛び散りが発生しやすくなり、雨で簡単に洗い流されてしまいます。逆に粘性が強い場合には、強力に付着しますから、多少の雨で流されることもありません。
自転車のオイルは、広い意味ではケミカル用品とも呼ばれ、用途によって細かく分類されることがあります。汎用に向いている製品もありますが、チェーン専用として使い分けて、絶対的なこだわりを持つ人もいます。
初心者は万能に利用できるタイプを利用したほうが、後からの失敗で困ることがなくなるはずです。
チェーンに付着したオイルには、砂やホコリなどの汚れが吸着するため、定期的な洗浄を行うこともあります。チェーン専用のクリーナーを使ってから、再び注油を行えば、新品のような潤滑力が復活します。

自転車のオーバーホールについて

自転車を快適に乗り続けるには、日々のメンテナンスやケアが欠かせません。
しかし日常のメンテナンスでは行いきれない整備があるため、定期的にオーバーホールする事で自転車を長持ちさせる事ができます。
目安としては1年に1回程度で、自転車の使用頻度や目視での状態にもよります。また、ロードバイクなどで長距離移動する場合には、途中で故障や不具合を発生させないためにも、専門家にオーバーホールを依頼すると安心です。
オーバーホールが必要かどうかの点検は15分程度で確認する事ができますので、専門店に点検してから整備するか決める事もできます。
注意点として、細部まで分解して行うオーバーホールは時間がかかる場合があり、ショップが繁忙期の時には数週間にわたって自転車を預ける必要があります。
整備に時間をかけたくない場合は、汚れがちなチェーンやスプロケットなどの駆動系部品の洗浄と注油を行い、繁忙期を避けて改めて整備を行ってもらうなど工夫してみましょう。

pickup

デリヘル 大阪
http://www.evo-one.net/

Last update:2017/4/27