オイルの利用法と種類

目的に応じて自転車を室内に収納

目的に応じて自転車を室内に収納 日常生活に欠かせない自転車は、劣化しやすい部品の保護や、盗難対策のために室内に収納することがあります。
外で保管する場合には、金属部品に錆が生じるだけでなく、太陽光の紫外線によってハンドルカバーも劣化します。
カバーを付けて保管することもできますが、風や雨の影響を完全に排除することは困難です。
室内で自転車を収納するためには、専用のスタンドやラックを設置して、見た目にも配慮することがあります。
ディスプレイ用のスタンドは、後輪のクイックリリースの部分に装着すれば、メンテナンス用としても使えます。
壁に設置する場合には、強度をしっかりとさせる必要があります。
折りたたみ自転車については、簡単に小さくすることが可能で、収納しやすいメリットがあります。
大きなロードバイクやクロスバイクは、車輪を外してしまえば、収納スペースは小さくなります。
スポーツタイプの自転車は、車輪の取り外しや組み立てを工具なしで行えるのが利点です。

自転車のカゴはとても便利。

自転車にはカゴがつきものと思っている方も多いでしょうが、スポーツタイプなどは基本的に付いてはいません。
最近は荷物を背負って自転車に乗る方も多いので、カゴは必ずしも必要とは言えないのでしょう。
しかし、ちょっと荷物が増えたりすると、手で持って運転するのも危ないですから、気にならないのであればカゴが付いている方が便利です。
また、もともと付いている物が変形してしまったり、気分を変えたい場合や大きさを変えたりするのに、新しい物に付け替えるというのも良い物です。
カラフルな色の付いたものも有りますし、バスケットタイプの物などで脱着可能な物は買い物かごとしても使えます。
金額も千円台からいろいろ選べるのと、交換も大抵はドライバー一本で済みますので、気軽に交換が出来ます。
そして、スポーツタイプにもステーを取り付けるとカゴの装着は可能ですし、脱着出来るものと組み合わせると、必要ない時には見た目もそれほど変わらないので、スタイルを気にする方にも便利です。

check

ミナミ セクキャバ

最終更新日:2019/2/1